アプローチ方法

gedko (2)メル友からリア友になるのは、比較的簡単です。
お互いの趣味が同じなら、映画やカラオケに誘ってみましょう。
警戒されていなければすぐに返事が来るはずです。
もちろん、都合というものがありますから、1回声をかけてダメだったとしても気を落とさないでください。
メル友になった時点で多分下の名前や携帯電話の番号までは知っているのではないでしょうか?そこまで教えてくれているのですから、会いたくないというわけではないでしょう。
嫌なら直アドを教えたりしません。
では相手の都合に合わせてみましょう。
いつでもいいので、会えそうな日を教えてくださいというメールを書いて、返事を待ちます。
今月は忙しいので…など、長期間で断られた場合は、本当かも知れませんが、やはり少し待った方がよさそうです。
職種によっては平日が休みの人もいます。
そういう場合は、有給などで合わせられそうなら合わせてあげましょう。
あなたの職業にもよりますが、どちらかが歩み寄らない限り永遠に会えないという相手もいるのです。
一度会ってしまえば、次からは仕事が早く終わった日の夜などに会うこともできますし、多少夜遅くなっても大丈夫でしょう。
初対面から夜遅くなるのは少し印象が悪いです。

まずは信頼を得る

まずは仲良くなりたいと思ったら、お互いの信頼関係から作っていくことが大切です。
初めのうちのメールは、どんな趣味ですかとか、何が好きですかとか、質問から始まりますよね。
そしてだんだんお互いのことを知ってきて、今度どこかへ行きませんかというふうに発展していきます。
ただし発展するのはごく一部のカップルだけであって、相手がサクラだったり、気が合わなかったり、性格が悪かったり、信頼関係が築けなかった場合などです。
信頼関係を築くのは、お互いの譲り合いと主張です。
引いてばかりでも出てばかりでもいけません。
「お前だから思い切って言うけど!」というようなのが信頼関係です。
秘密を言い合うばかりが信頼関係ではありません。
腹を割っていろいろなことについて話してみましょう。
こう答えたら嫌われるかな、とうところをあえて素直に言う事です。
それでも、自分は自分、相手は相手、と理解してくれる懐の深さが大事です。
男女の関係で信頼関係をしっかり持っていると、カップルにならなかったときはもちろん、カップルになった時に非常に役に立ちます。
お互いのことを理解しているから、嘘が見破れるのです。
男性にとっては不利かもしれませんが、より深い仲になれるでしょう。

メル友が欲しいなら当サイトの情報が役立ちます!気になる人は是非チェック!!